組み込みエンジニアを長く続けるためには

エンジニアには様々な種類が存在しますが、ものづくりのやりがいを感じられるのが「組み込みエンジニア」です。
組み込みエンジニアとは、様々な機器を動かすプログラムを作成してシステムの中に組み込み、それが正常の動作するかのデバックまでを行うのが主たる業務です。

しかし、昨今はネットワークの拡大やAIの発達に伴ってその業務は拡大傾向にあり、組み込みエンジニアの数が足りていないのが現状です。
従って、現在組み込みエンジニアは貴重な存在となりつつあります。
とはいえ、一度企業などに採用されたら、その企業が定める定年まで安泰に働き続けられるかと言われると、決してそうではありません。

組み込みエンジニアはソフトウェアだけでなくハードウェアに関する知識も求められますが、技術の進歩が目覚しい現況では、それらの進歩に追いついていけなくなった時点でお払い箱となってしまうことも考えられます。
組み込みエンジニアの仕事は、まさに現代社会を動かす非常に有用でやりがいがあるものですが、絶えず新しい知識を身につけてスキルを磨いていく必要があります。

一方で、組み込みエンジニアも年齢によってはプロジェクトのマネジメントを行う管理職に昇格することが可能です。
定年を意識して長くエンジニアとしての仕事に携わりたいのであれば、管理スキルを身につけてより上流の工程へ上がっていくことも視野に入れておくべきでしょう。
また、そのような場合でも絶え間ない知識の収集は必要になってきます。

知識や技術を高めることによって、組み込み系だけでなく別の分野で活躍することも可能です。
最近ではIoT分野やWeb系などに注目が高まっており、スキルを活かして組み込みエンジニアから転職するケースも増加しています。