スピードが求められる仕事

どの電子機器領域でも、いくつもの企業間で競い合う状況が生まれているため、新しい製品開発を始めるとなるとスピードが要求されます。
プロジェクトが策定されてから市場に乗せるまでの時間がかかってしまうほど、他の企業に先を越されてしまうリスクが有るでしょう。

市場が大きくなっている電子機器を扱っている場合には、ベンチャー企業も生まれてきているのが現状です。
開発が完了した時点でそれを凌駕する製品が既に市場に登場しているという可能性も否定できなくなっています。

そのため、電子機器の開発において時間がかかりやすい組み込み系の仕事はスピードが求められます。
プロジェクトが起ち上がるとエンジニアは日夜を問わず働くことになるのが一般的です。

設計を行って開発を完了し、テストを終える段階に至るまでは忙しさに追われることは否めません。
現場で働く組み込みエンジニアはどの仕事に従事していても同じような状況になりますが、昇進して管理職になっても同じことが言えます。

新しい電子機器を開発するための企画を考案するのにもスピードが求められ、上層部から指定された期日までに新しく利益を上げられる製品を市場に乗せられるように速やかに斬新なアイディアを盛り込んだプロジェクトを策定しなければなりません。
納期が近づくほど忙しさは加速していくことになりますが、個々のエンジニアの納期に到達すると一段落できて達成感を得ることができるのも特徴です。