技術発展によって需要が高まる職種

かつてから衣食住に関わる仕事というものは、必要不可欠な仕事として多くの人々が活躍してきましたが、現代の日本において必要不可欠な仕事はほかにもあり、そのひとつとしてエンジニアがあります。

エンジニアというものは、技術者全般のことをいいますが、とくに工学系の専門的な知識と技術を持った人のことを指して言うこともあります。
このエンジニアは、システムエンジニアをはじめとしてさまざまな種類がありますが、今回注目したいのは組み込みエンジニアです。

組み込みエンジニアとは、電子機器の内部にある、その機械を作動させるための作動制御ソフトウェア、コンピュータシステムを開発している職種のことをいいます。
現代日本において、スマートフォンなどといったIT技術の製品をはじめとして家電や自動車といった、さまざまな機器にこれらのシステムが搭載されています。
自動車業界においてはカーナビや自動運転の開発と電子化が急速に進んでいることもあり、組み込みエンジニアは需要の高い職種となっています。

現在、多くのエンジニアがこの組み込み系のエンジニアとして活躍しています。
その需要は、技術の発展に伴ってさらに高まることが予想されており、企業によっては社内研修や勉強会を開いて組み込みエンジニアをいちから育てることをしている所もあります。
また、高い技術と知識を持ったエンジニアはどの業界にとっても需要が高く、転職者の多い職種とも言えます。